賢く利用したいNISA

by twadmin on 8月 29th, 2014

filed under NISA

NISA制度の投資枠は、1年間で最大100万円、5年間で500万円となっています。この投資枠範囲内であれば、株式の売買や投資信託で得た利益は、課税されることなく満額自分のものになります。また2014年1月からの税制改革で、株式投資や債券投資で得られた利益に対しては、20.315%の税率が課せられることになったので、NISA制度活用の魅力はますます高くなっています。この制度を賢く利用する事で、利益の積み上げが可能になってきます。


<投資枠を最大限利用する>

初年度100万円で投資をして、仮に100万円分の株式が翌年に繰り越せば、次年度の投資枠100万円が加わるので、合計200万円分の投資金額の利益は非課税になります。このようにして積み増して行くと最終年度5年目には500万円分の投資の利益に対しては全て非課税になります。但し注意する事は、値上がりした株式が100万円を越えている場合、100万円分しか翌年に繰り越せないので、繰り越すかどうかの判断として、利益が大きく乗っていれば利確し非課税枠を最大限活用する事も賢い方法と言えます。また既に保有している株式をNISA口座に組み入れることもできますが、組み入れた株式の価格分がその年の投資枠を使うことになるので、新たな株式購入資金が減る事になります。これらの事を念頭に、賢く投資枠を利用する事が重要です。

NISA(ニーサ)を始める前の心がけ

by twadmin on 4月 9th, 2014

filed under NISA

NISAは株の配当などに税金がかからない、リスクが低い、初心者に向いている、など安心できる投資方法とされています。しかし、ニーサを利用するとしても投資は投資です。注意しなければいけないことがいろいろあります。


<株で儲けることを考えるのは危険?>

株などの投資をする目的は、お金を稼ぐ、ということが大きな目的だと思います。その目的を意識するあまり、株価が下がるとすぐに動いたり、損をしてしまった後は損した分を取り戻そうとして、ハイリスク・ハイリターンのものに投資をしてしまったりすることもあります。これは危険なことです。今後の見通しを見極めて、すぐに動かないことも必要です。長い目でみて得をすればいい、という考え方も重要なのです。


<危険な投資をしないNISA>

ニーサは何度も買ったり売ったりする投資方法ではありません。だからこそNISAは安心してできると言われています。またNISAは長期的に投資を続けていくもの。その点でもリスクが少なく、損も少ないと言われています。そういった投資方法が危険な投資を避けることになるのです。NISAは初心者だけに向いているのではなく、投資家全体に向いていると言えるでしょう。今度、ニーサを利用する人も増えていくかもしれません。

NISAに向いている人を知りたい

by twadmin on 3月 11th, 2014

filed under NISA

NISAを始めてみようと考えている方も中にはいらっしゃるかと思います。
ですが、そこで気になるのがNISAはどんな人に向いているのかについてだと思います。
向いている人は、試算をコツコツ運用していきたいと考えている方なのだそうですので、そういった性格の方にはとても向いていると思いますのから、ぜひ利用されてみて下さいね。
上限金額が100万円までとなっていますので、富裕層の方などには向いていないと言われています。


-NISAに向いている銘柄について-

NISAを利用する際には、長期型で値動きの小さい銘柄を選ばれるのが良いかと思いますよ。
値動きが小さいという事は、その分変動も小さく損失を出す可能性も低いので安心だと思います。
やはり、出来るだけ大きな損失は出したくありませんものね。
逆に今が旬の値動きの大きな銘柄が避けた方が良いと言われています。


-分からないことは調べてみよう-

NISAを利用する上で疑問点や不安なことも出てくるのではないかと思います。
そんな時は本屋で少し立ち読みをしてみたり、最近ではネットが充実していますのでネットで調べてみることをおすすめします。
わかりやすく説明をして下さっているサイトもありますので、参考にしてみてはどうでしょう?
表やグラフを使って説明をしているサイトもあるようですので、理解しやすいと思いますよ。

NISAで今後変更されそうなこと

by twadmin on 2月 13th, 2014

filed under NISA

NISAは2014年から始まった非課税制度ですから、一般に普及するのはこれからということになります。新しい制度だけに仕組みなどで使いにくい点もあるようですので、今後それらを改善するために法律を改正される可能性もあるようです。


既に変更が検討されている点

NISAの不便な点、あるいはNISA口座を開くときの注意点として挙げられているのが一人1口座しか開けないということや一度NISA口座を作ると4年間は金融機関の変更ができないという点です。今のままでは自分の使い方に合わないところにNISA口座を作ってしまった場合は、他の金融機関に新たに作ることも金融機関をかえることもできません。この辺は最初から問題視されていたようで、今のままでは自分の使い方に合わないところにNISA口座を作ってしまった場合は、他の金融機関に新た作ることも金融機関をかえることもできません。


よりわかりやすい仕組みになることを希望

その他にも今はNISA口座で投資できる対象から外れている国債の度についても購入できるようにしようという動きもあるそうです。できたばかりの制度ですから実際に運用が始まってみるといろいろと問題点が出てくる可能性がありますから、これ以外にも仕組みが変更される可能性はありそうです。初心者でも株式投資や信託投資を始めやすくして個人投資家を増やそうということが、NISAができた目的のひとつだと思いますからできるだけわかりやすい仕組みが望まれます。

NISA活用だけでは利益は得られない

by twadmin on 1月 30th, 2014

filed under NISA

いくらNISA制度による節税効果あると言っても、投資する商品が値下がりしてマイナスになっては、何の価値も産まない。投資する商品を何にするかにもよりますが、NISA口座で購入する上場株式を選ぶなら利益率、将来の営業見通し、社会情勢などの情報をしっかりと掴み、投資商品の先行きを読む力が必要となります。自分でその力がなければ、金融機関のプロのアドバイスや、行きつけの証券会社のアドバイザーに助言を求めるのも一つの手です。


-将来に渡って値上がりする銘柄を掴もう-

NISA制度利用の株式投資の重要な要素は、将来に渡って値上がりする銘柄かどうかの判断です。今業績不振で株価が低迷していても3年先には、業績回復で2倍、3倍と株価が暴騰する銘柄が結構存在しています。これらの情報を掴むためには、金融機関が開催するセミナー、証券投資アドバイザーなどの情報がヒントになります。


-利益確定タイミングが重要-

株式は値上がりすれば値下がりもし、上がりっぱなし下がりっぱなしと言うことは絶対あり得ない、従って、大きな値上がりのチャンスをものにするかどうかで、利益の大きさが変わります。重要なことは業績動向の先読みにより、利益確定の最適なタイミングをとらえる事です。東京オリンピックや自然災害への備え、福島原発対策などの社会的要因も、関連会社への業績に大きく影響を与える事も見逃せない要素です。

複数の金融機関へ同時にNISA口座開設はできない

by twadmin on 1月 24th, 2014

filed under NISA

少額投資非課税制度(NISA)は口座開設が絶対条件、まだ開設していない人は出来る限り早く開設し、折角の大幅な節税チャンスを早く活用する事が得策です。開設方法は金融機関に問い合わせるか、ネット検索で調査すれば詳細な情報がいくらでも得られるので、ガイドラインに従って手続きをすれば簡単に開設できます。


-開設する金融機関は慎重に選びたい-

NISA口座を開設する際に重要なことは、一金融機関にのみであることをまず理解しておくことです。金融機関を選ぶ際には、手数料が出来るだけ少ないこと、自分の馴染みの金融機関、価値のある投資情報を提供してくれる、投資に当たっての適切なアドバイスが得られることなどが、金融機関選択の重要な要素になります。NISA口座開設にあたっては、税務署審査が必須のため手続きに5週間前後の期間を要する事も考慮しておく必要があります。


-夫婦で口座開設すると投資枠が1000万円-

夫婦でNISA口座を開設すると、非課税枠が500万円の2倍1000万円になるので、着実な投資を行い利益が得られれば、節税効果は2倍になり家族の財産形成に大きく貢献します。夫婦での投資であれば、一人は少しリスクがあっても大きな値上がり益が期待できる株式に、もう一人は比較的リスクの少ない投資信託などで配当益を確保するなど、色々なバリエーションが取れるので、効率的な利益確保の確率が高くなります。

毎年最大100万円のNISA投資枠を使い切ろう

by twadmin on 1月 24th, 2014

filed under NISA

最大年間100万円、5年間で500万円のNISA口座投資枠を効率的に運用するためには、自分の投資方針に沿った商品の特性を選び最大投資枠を使い切り、最大保有期間5年間を利用すれば、この期間の利益に対する税金はゼロ、節税効果は大きくなります。商品には国内株式、海外株式、投資信託などがあり、リスクがあっても利益を得たいと考える人には株式、利益は少なくても出来る限りリスクを負いたくない人には投資信託などの選択肢が考えられます。


-株式投資による運用-

NISA口座での株式投資は5年間の非課税期間が許されているので、年々業績を伸ばし利益を上げている成長が期待されているグロース株を選べば、中長期の株式保有により配当金や売却益で、大きく利益を伸ばせる可能性があります。もう一つの選択肢は、企業経営、財務状況などから見た企業価値に比較して、割安な株価が持続している企業を選べば、5年と言うスパンの中では株価の是正が行われ株価の値上がりが期待できる投資法です。売却益だけでなく、配当性向の高い銘柄で5年間の積み上げ利益で節税を図るのも楽しみの一つです。


-投資信託による運用-

NISA制度を利用して少ないリスクで着実に資産運用をしたい人には、複数の資産に投資する安定バランス型や為替変動の影響を受けにくい投資信託が比較的安心できます。リスクは高くとも高利回りを狙う人には、先進国アクティブや海外REIT等の投資信託があり、各金融機関が発表している相場情報等を参考にして投資するのも魅力的です。

利益が大きいほどNISA活用のメリットがある

by twadmin on 1月 24th, 2014

filed under NISA

NISAでは、年間の投資枠100万円で買った商品を売却すると、その年の投資枠再利用はできません。従って、短期で小さな利益を確定するよりも、中・長期保有により大幅な売却利益と同時に配当金を長期に渡って享受する事で、大きな節税効果を得ることができます。例えば、NISA年間投資枠100万円を活用して株式を購入し、売却益、配当金合計が100万円になれば節税効果は20万円、このペースが5年間続けば、節税効果だけで100万円にもなります。もし、年間株式投資利益が50万円であれば、5年間で50万円となります。


-安定した業績、将来性のある銘柄選び-

大きく値下がりした銘柄でも、2年、3年先の業績見通しが悪くなければ、大幅な株式値上がりが期待できます。過去の株価チャートや株価の大幅変動のあるデータなど、将来の株価動向を見通す情報は沢山あります。これらの情報を的確に把握し、あるいは株式投資に明るいアドバイザーや、ネット情報などで情報を収集するのも一つの方法です。NISAの大きな節税チャンスを是非ものにする方策を、真剣に検討するのも生き甲斐の一つになります。


-捨てがたい海外新興国の株式-

海外新興国の株式は捨てがたい魅力があり、最近は外国株式口座を持てば簡単に株式情報、企業情報などの収集が出来るとともに、証券会社からも魅力のある株式情報も得ることが出来ます。新興国には、将来急速に業績拡大が見込まれる企業もあり、2倍、3倍の利益確保も可能です。

利益をもたらす少額投資非課税制度(NISA)

by twadmin on 1月 24th, 2014

filed under NISA

2013年末に終了した証券優遇制度に伴って、2014年1月から上場株式や投資信託などの投資で得た、譲渡利益や配当金などに課される税率が20.315%に変更されました。2014年1月から始まった少額投資非課税制度を利用する事により、NISA口座(年間最大100万円まで)で買付した、上場株式などで得た譲渡益や配当金に対する税金がゼロ円になります。


-中長期の取引で節税効果も大きく-

NISA投資枠100万円と言う金額は少なくもないが多くもない、短期株式投資などを繰り返すと、あっという間に投資枠を使い切ってしまいます。短期で小さく儲けて節税するのも一つの手ですが、折角大きく利益を生む機会、半年以上の中長期的な考え方で大きく利益が乗ってから手放す方針で取り組めば、節税効果も大きくなります。


-株式、投資信託はしっかりした情報に基づいて購入-

アベノミクス効果により2013年は60%以上の日経平均株価は上昇、2014年の見通しも明るく値上がりが期待できる国内・海外株式への投資は、リスクはあるものの大きな利益が期待できます。株式よりリスクの少ない、投資信託関連の商品も配当金・分配金の利益もNISA制度の期限まで利用すれば、節税効果も大きくなります。これらを実現するには、投資前のしっかりした情報に基づいた商品の購入が必須です。

NISAってどんなものなの?

by twadmin on 1月 6th, 2014

filed under NISA

もうすぐ始まるとされているNISAですが、その名前をご存知の方も多いのではないでしょうか?
始まることを知っていてもNISAがどんなものなのかがよく分からない・・・という方もまだまだ多いかと思います。
あまり株や投資をしない方にとってはあまりピンと来ないかもしれないですね。
普段からそういったことをされている方にとっては待っていた!という感じなのでしょうか。
NISAとは少額投資非課税制度のことで、NISAの口座を利用している方々は10年間非課税となります。


初心者でも出来る?

初心者の方でも利用することはできるのですが、やはりそういった知識が無ければ少々難しいかもしれませんね。
口座を開設したら始めることが出来ますが、前もって勉強をしてからが良いかと思います。
現在では分かりやすく説明をしてくださっているサイトもあるみたいなので、ぜひ参考にしていただければと思います。
また、こういったものです、といったシミュレーションが出来るものやクイズ形式のものもあるみたいなので、それを利用して知識を蓄えていけば良いでしょう。


NISAの注意点!

口座を複数持つことは出来ませんし、開設後にその金融機関を変更することもできませんのでそこにはぜひ注意していただきたいです。
そして、使い切れなかった投資枠を翌年に繰り越すということもできないみたいなので気を付けていただければと思います。
他にも注意していただきたいことがありますので、サイトなどで詳しく調べてみて下さいね。